今の自分にとって、どのタスク管理メソッドが必要ですか?

もともとタスク管理に興味がなかった(知らなかった)のですが、ひらめきラジオと出会い、タスク管理の良さをビビっと感じたので、日常に少しずつ取り入るようになりました。

なぜタスク管理をするの?

日々の行動を自覚的に生きていると、人生はタスクの連続体であるように見えます。そして、私たちは毎日、タスクという細切れの単位を1つずつクリアすることを生活の基盤とし、そのタスクをこなす日々の積み重ねが人生だと捉えているように感じます。
人がタスクを管理(コントロール)したいと考えるのは、自分の思い描いた理想の人生を送りたい、後悔のない有意義な人生を送りたいと願う気持ち、即ち「幸になりたい」という願望が根源にあるからでしょうか。
う〜ん。死ぬ前に後悔したくないから、タスク管理するぞ!って感じですかね。

タスク管理メソッドによって、解決できる問題が違う

今回のひらめきラジオでは、以下5つのタスク管理メソッドを紹介しています。
タスク管理メソッドは、世の中に無数にあるけれど、それぞれどの場面で使うともっとも効果的なのか?どんな問題解決が得意なのか?に焦点を当てた解説は珍しく、聞いてて為になることばかりでした。

F太さんのまとめ

分かりやすい!(1:03:35)

7つの習慣を読むことによって、ミッションステートメントとか、自分の最優先事項を決めるための物差しが手に入るので、自分の大きいビジョンに沿った「やるべきこと」が見えてくる。ただ、見えてきただけだと、既にある「やらなくちゃいけないこと」にプラスで、さらに「やらなくちゃいけないこと」が増えるだけなので、それらを整理して、どれから手を付ければいいのかを明らかにしてくれるのが GDT になる。そして、GDT で整理されたタスクたち、この中から今日やるべきことを見極めるのが、マニアーニャの法則(クローズドリスト)で、今の自分にクローズドリストのタスクをやらせる手助けをしてくれるのが、簡単な道でいくとポモドーロのテクニック、より変態的に極めたいのであれば、タスクシュートってこと。繋がった全部(^ω^)

箇条書きのまとめ

  • 7つの習慣(第3の習慣)
    • 何を解決する?
    • どんな人生を歩みたいか決まってない問題
  • GTD
    • 何を解決する?
    • タスクがあり過ぎて、何から取り組めばいいのか分からない問題
    • 脳内メモリでタスクを管理し過ぎて、目の前のことに集中できない問題
  • マニャーナの法則
    • 何を解決する?
    • やりたいことが終わらない問題
    • 今日何をやればいいのか分からない問題
  • ポモドーロテクニック
    • 何を解決する?
    • やりたいこができない、進まない問題
    • 全タスク固定時間(25分)で対応する
  • タスクシュート時間術
    • 何を解決する?
    • やりたいこができない、進まない問題
    • タスクの種類や好みに合わせて、対応時間、実行順序、時間帯などを調整する

今の私は、どの問題を解決したい?

タスクシュート時間術で、やりたいことをできない、進まない問題を解決したいです。
長年、やりたいことが進まないのは、自分の意志が弱いから、自分に継続力がないからだと自責してきました。しかし、タスクシュート時間術に出会って、やりたいことが進まないのは、それに見合ったやり方を知らなかっただけなのかも?と、考えれるようになってきました。

タスクシュートを始めて3ヶ月目。今後はレビュー機能などを駆使しながら、自分のベストな作業タイミングはいつか?どれぐらいか?を見える化し、変態ちっくなスケジュールを組み立てていきたいです。楽しみ!


この記事はひらめきラジオからお題をもらっています。

dropope

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする