頑張っても上手くいかないこと、頑張らなくても上手くいったこと

自分について詳しくなって、自分がラクに活躍できるフィールドで楽しく生きるために、頑張っても上手くいかないこと、頑張らなくても上手くいったことを書き出します。

ひらめきラジオでの考察

今回はいつも以上に2人の格言が多く、気に入ったことだけ未来の自分のためにまとめておきます。

  • 頑張らなくても結果が出るものだけを残す。
  • 「頑張ってるけどうまくいかない人」って、その人のことについて、頑張ってるというステータス以外に何もない。「頑張らなくてもうまくいく人」は、頑張ってる以外の印象が鮮明にある。
  • 他者が見た時に、◯◯なひとっていう明確な印象があると、頑張ってるという印象がもたれにくい。
  • 「頑張らなくてもうまくいくひと」は
    • 自分について詳しい。
    • 自分の貢献度をシビアに判断していて、うまくいかないことを止めれる(引き際を知ってる)
    • 頑張る箇所をわきまえてる。成果を人に譲れる(頼るのもうまい)
    • 才能と情熱に基づいて生きているので、ラクに楽しくできる場所を選んで戦っている。
  • 他人にファッション頑張りしちゃう。
  • 嫌でも我慢しながら頑張ってきた人は、それが認められないのが悔しいので、その価値観を伝染させてしまう。だから、その連鎖を断つ人が必要。

私の場合

頑張っても上手くいかないこと

  • 家庭教師のテレアポ(子供がいる家庭に家庭教師やりませんか?と電話かける)
    • 人に何かを勧めることが向いてない。営業職や説得する仕事などは無理。自分の好きなことを話すのは好きだけど、買わせることを目的にすると途端に後ろめたさ?を感じて、うまく話せなくなる。
  • プール
    • 6年ぐらい通ったけど全然うまくならなかった。体を使った運動が苦手かも。頭のイメージと体のアウトプットが直結しない。
  • RPG
    • レベル上げ面倒くさい。良いガチャが出るまでリセットマラソンするの、ぜったい無理。考えただけで気持ち悪くなる。
  • 管理職
    • 最終決定権がある仕事が苦手。こっちの案もいいけど、こっちの案も捨てがたい、って時に決められないし、決断に後悔する。
  • 冗談交じりの浅いコミュニケーション
    • うまい返答できずに落ち込むし、すぐ疲れる。疲れると頰が引きつる。これはテキストメッセージでも対応不可。

ファッション頑張りしてたことある?

※ファッション頑張りとは?
→成果が出てない焦りから、頑張りを他者にアピールすること(詳細は動画の41:00~47:00辺りをチェック)

ある。
社会人になってファッション頑張り増えたように思う。プロジェクトで管理職任されてた頃、成果が出てないと、とりあえず遅くまで残業したり、土日も出勤してた。たくさん働いても成果に全く直結してないのに、自分の時間を犠牲にすればとりあえず良いと思ってた節がある。

さらに話が過去に戻るけど、大学生の頃はファッション大学生やってしまってた。大学生は「イケイケなキャンパスライフを楽しむもの」っていうイメージがあって、でも現実は全く理想通りにはなってなかったのに、家では大学ハッチャケてるよ〜感出してた。親にはイキっちゃうってダサい。。

頑張らなくても上手くいくこと

  • 読んだ小説について、ストーリーを話す
    • 昔から好きなことについて話すの好き。
  • 小説や映画の内容を結構覚えてる
    • ビジネス書の内容は忘れちゃうんだけどね。
  • 飲食店ホールスタッフの司令塔(待ってるお客様が何名いて、全体を見回して次はどこから片付けるか決めて、手持ち無沙汰に人に適宜仕事を割り振る)
    • 全体見て、いい感じに人に仕事アサインするのも好き。ただ、メンバーの中に年下に支持されたくない!って言う、面倒な年上がいると破綻する。
  • 面白そうなことに飛び込むこと
    • 躊躇がほぼない。
  • 答えが明確な勉強
    • 学校のテスト勉強とか、資格の試験の勉強も好き。
  • 教えること
    • 相手の分かんないに寄せて、相手が理解できる言葉で話すの得意。地元の友達の話では、私は小1から友達に勉強教えてたみたい。
  • 調査系の課題が得意
    • プログラミングのエラーを調査したり、旅行の美味しそうなお店を複数調査したり。
  • ランチのお店を開拓
    • 新しいお店を知りたいし、探したい。知識欲や収集欲があるんだろうな。

考察

学生の頃は簡単に成果が出てことが多くて、なぜか社会人になって成果が出にくくなった。
私は性格的に自分の得意なものを直感的に見極めて飛び込めちゃう力と、嫌いなものはサクッと辞めちゃう力があるんだけど、社会人になると見えない責任や期待に囲まれて、簡単に挑戦して苦手だったら辞めるって言いづらくなった。すなわち、頑張らなきゃいけないと周囲から叱責される事態が増えた。挙句、責任感がないって言われて、自分責めするようになったしなぁ。

だからこそ、早いとこ自分の得意・不得意を見極めて、ラクな環境で戦うことが大事。また、社会人だろうと、やってみて苦手、成果が出ないのであればサクッと辞める(諦める)勇気を持っていたい。


この記事はひらめきラジオからアイディアをもらっています。

dropope

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする