自分を喜ばせる方法(褒めるの禁止)

近頃、自分を全く喜ばせられてなかったし、自分を喜ばせる方法ってなんだっけ?という状態に陥っていたので、まず、過去に自分が喜んでいたことを振返って、自分がどんなことで喜ぶのか?を思い出します。

結論(自分を喜ばせる方法)

承認のない世界で、自分の心地良さ(美意識)を追求すること
褒められなくていい、探求を楽しめ。

幸せ種まきコンシェルジュKEIKOさんの言葉を借りると・・

夢中になって自分を満たす!!
自分の満足度を上げることに集中してみよっ

です。まさに。

過去に自分が喜んでやってたことは何?

クロスワードパズル
小学生の頃、クロスワードパズルに夢中になっていました。もともと、母がよく問題を解いていたのですが、その横で見てるうちに好きになり、気付いたら自分用のクロスワード雑誌を買ってもらっていました。一つ一つマスを埋めていき、完成に近づいていくワクワク感が好きです。

クロスワードパズルって?
クロスワードパズルには様々な種類があり、タテ・ヨコのマスをクイズに答えながら埋めていく形式や、文字数ごとに分かれた選択肢をマスに当てはめていくスケルトン、1~9までの数字を重複しないように埋めていくナンプレ、指定された数分だけ色を塗っていくとイラストが浮かび上がるピクロスなど。1つのパズル雑誌に複数種類が掲載されていて、私は好き嫌いせず、すべてのパズルを好んでチャレンジしていました。

なぜやめてしまったの?
懸賞に応募するようになったから。
最初は、解けたパズルの中から適当に懸賞応募してただけだったのに、一度、「商品券」が当たってしまって‥。本当に当るんだって理解した私は、次からパズル雑誌を買ってくると、まず賞品リストを眺めるようになり、欲しい賞品を決めてからパズルを解くようになりました。

先に賞品を選んでパズルを解くため、その問題が解ずに締め切りに焦ってしまったり、賞品がしょぼいとやる気がなくなったり‥楽しくパズルを解いていたはずが、気付くと懸賞のために解いてる自分がいました。解けた喜びより、解けない辛さに目がいくようになり、自分はダメだなぁっと感じることも多く、だんだんパズル雑誌を開くのが嫌になってしまったのです‥。

承認の世界

気付いたら、誰かに褒められるよう、利益にありつけるよう行動していて‥期待されると逃げたくなるのに、評価が付くと外面ばかり気にし始める‥。SNSが発達して、おべっかイイネが増えて‥おべっかだってわかってても、評価を受けると、それを求めてふらふら漂う。おべっか、おべっか、おべっか。安易に承認をくれるに人に自ら寄ってちゃうんですよね‥。それを始めると人生つまらなくなるよ。

いまは?

自分の中で意図的に評価(他者視点)を見ないようにする工夫が必要。
あなたの行動は、あなたが楽しいなぁ素敵だなぁって思ったからやってるの。誰かのためじゃなく、あなた自身のためにやってるの。自分だけの世界で、自分が素敵だなぁと思う世界で生きてればいい。ブログも自分が読みやすい文章だなぁ、読んでて気持ちいなぁと納得すれば、それでいいんです。

これからは、自分の美意識にどこまで追従できるか?に挑戦するフェーズ。だんだん、自分の美意識が高くなって、簡単に喜んではくれないけど‥承認まみれの世界で、自分の視点に重きを置いて、自分が楽しい、やってみたいと感じることを、自分が納得する形で行動する。

それが「自分を喜ばせる方法」です。


このブログは以下ラジオのお題に答えています。私がはじめて聞いたひらめきラジオがこれです。ぼやぼやと前よりワクワクすること減ったなぁ‥と悩んでたときに、ひらめきを貰いました。感謝!

dropope

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする