セルフマネジメント、ホールネス、存在目的

ティールな組織になるために
各自が自分だけの居心地の良さに耳を傾け、追求し続けること が大事。

無理してちゃんとする必要もないし、無理して人の顔色を伺う必要もない、もちろん、無理して見栄を張る必要もない。完全なる性善説だけど、人は自分が居心地良いと感じた環境には、私利私欲よりも、もっと大切な何かをより良くしたいって考えるものじゃないのかな。

自分だけの居心地の良さを求めてたら、結果としてセルフマネジメントになっただけ。自分だけの居心地の良さを求めたら、結果としてチームメンバーを尊重できただけ。自分だけの居心地の良さを求めたら、結果として存在目的が見えてきただけ。

「自分だけの居心地の良さ」と「エゴ」の違いは?

他者視点の有無。
「自分だけの居心地の良さ」は、自分だけが居心地が良いと感じてればいい。
「エゴ」は他者がいる世界の中で「自分だけ」を特別にするイメージ。

「自分だけの居心地の良さ」を追求することは、他人が求めてるから、他人に勝ちたいから、他人に評価されたいから‥という気持ちを無くしていくこと。手垢の付いた言葉で表現するなら、「自己満足」とか「自分らしく」って言葉に置き換わるのかなぁ‥?

他者がいる中で、自分だけの居心地の良さを追求するのは難しい

自分ひとりの部屋をマイワールドに染めることは出来ても、他者が共存してる中で、他者評価に踊らされず、自分の感性に耳を傾けることは、考えただけでも難易度が高い‥。自分が否定されると、負けないように武装 → 常時戦闘モードに陥ってしまうことは、よくあって‥ほんとに居心地の良さを求めるなら、「あぁ確かに間違ってたなぁ」って認めたり、「あぁ自分はダメだからお願いしよう」って誰かの長所に頼ったり、また納得出来ないなら我慢せずに意見を交換し合う(言い負かそうとか、そういう悪意を一切込めずに)必要も出てくる。

自分の弱いとこ、嫌われたらどうしよう的なことも含めて共有することは、とても勇気がいる行為で、家族ですらそれが出来ないのに、会社でそれをするって、未だに想像できない‥。だからこそ、ティール組織で書かれてるような個人が自分の心地良さを、より手軽に共有し合えるような方法、仕組みが必要なのかなぁって考えたりします。

副業はグリーン型(多元型)組織で動いてた

前職はオレンジ型(達成型)組織だったんですが、副業では同世代が多いという理由もあり、グリーン型(多元型)組織的に動いていました。グリーン型組織的だと感じるポイントとして、「みんなに相談しよう、みんなで決めよう」と声を掛け合う文化だったこと。みんなの意見が合ってるときはうまく回るのですが‥難しい議題になると、結局、声の大きい人の主張が通ったり、堂々巡りな議論に疲弊したり‥。また、長い時間かけて決めた結論も、みんなが納得する折衷案になることが多く‥実行時には、当初の想いが薄れた状態になっているので、「えー、これ私言ってないんだけどなぁ‥」って、責任を誰かに押し付けるような雰囲気が作られてたように感じます。

今、その副業メンバーでティール組織のABD読書会を定期的に開いており、新しい動き方ができるよう、そして、お互いがお互いを理解し合えるような機会を増やしていきたいなぁと考えています。個人的に「助言プロセス」って素敵!と思ってるタイプですが、一方で、改善案を出したときに「自分に責任が押し付けられる」と思って言いづらくならないか?という意見も出ており‥少しずつ実践と失敗を組み合わせながら、このメンバーで到達できるであろう、より良い未来に思いを馳せながら活動中です。

仮面をはぎ取る(ホールネス)

ラジオの中で、ホールネスな状態になるために仮面をはぎ取ることが大事(54:10~)と言われてて、私が最近、仕事で仮面を被らざるをえなくなった言葉を書きます。

仕事なんだから、好き嫌いを持ち込むな
私は2年前に参加したプロジェクトチームで、嫌い(苦手)な人がいました。その人は、時折大きな声で怒鳴ったり、何かあると「カッ!」と怖い顔をする人で、初めて会った時から「あ、この人嫌だなぁ」って体が警報を鳴らしてました。
それを別の人に話したときに「仕事なんだから、好き嫌いを持ち込むな!」と怖い顔で言われ‥その言葉を真に受けた私は、それを言ってきた人に、無意識的にあらゆることで仮面を被るようになりました。

仮面を被ることで生まれる小さい嘘が自分の思考を満たし、常に襲いくる不安から人の顔色を伺い‥、そして、自分が仮面を被っている分、仮面を被らず無邪気に生きてる人にイライラ(悪感情)が湧いてくる‥。最悪な循環でした。
振り返ると、自分は仮面舞踏会にしか参加できない、本来の自分を隠し続けないと踊ることも許されない、と思い込んで、自責ばかりしていたように感じます。あぁ‥足から血が出てるのに踊り続けてる絵が浮ぶ‥赤い靴みたい。

結局その人とは‥?

一緒に仕事できなくなりました‥。気付かぬうちに、良い顔しよう、嫌われないようにしようっていう思考に侵されて‥でも、だんだん息苦しくなって、無責任に途中で仕事を放棄しました。お金はいらないから、縁を切らせて‥って状態になってます。最後こうなるなら、最初から仮面なんて被らなきゃ良かった‥と、次回への教訓ができたと共に、「なんか違う‥」という違和感に向き合い、苦しいながらも居心地の良さを追求する底力を兼ね備えた自分であることが分かり、誇らしくも感じてます。

都合がいいね

うん、ダメ人間なのに最後いい感じにしてる‥(笑) まぁいいか。

理由もなく人を嫌いになってもいいし、理由もなく仕事が嫌いになってもいい。そして、理由もなく嫌われてもいいし、理由もなく避けられてもいい。それでいい。

存在目的

自分の居心地の良さを追求する。
自分の心地良さに耳を傾ける、自分の好き・嫌いをハッキリさせる、我慢しない、喜怒哀楽を感じる(みんなの前で泣けって言ってる訳じゃない)、良い子でいるのを止める、そして、それを人に強要しない。そんな気持ちで過ごすことで、居心地の良いメンバーと巡り合える気がします。


取りとめもなく、思ったことを書きました。楽しかった。
自分の居心地の良さを追求するっていうのは、フリーランスになって1年半たった今、ぼんやりと考えてきたことです。まだまだフワっとしてる概念だけど、今この瞬間に文字に起こせて良かったです。また、読み返してると全体的に性善説に沿ってる論調だけど、私は性善説で考えたほうが心地良いので、それでいいかと開き直ってます。ストレングスファインダーの資質で「運命志向」が入ってるからかもしれないなぁ。


お題、難しいよう(T_T)
でも、自分が知りたいから教えてーって言って、お題出してる2人は好きです。このお題は、ひらめきラジオから貰っています。

dropope

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする