会いたい人に会いに行く(心屋仁之助さん)

誰に会ったの?

心屋仁之助さん

家にはテレビがなく、日常の情報源はほぼYouTubeに頼っており、常に何か面白い動画ないかな?と、日々アンテナ💡ピンピン💡立てているのですが…たしかその時はキーワード「講演」で調べていて、心屋さんのBEトレ動画「一問一答」を発見しました。

「一問一答」は、心屋さんがセミナー会場で受講生からの悩みに直接答えるという企画。その動画を見てるうちに、受講生の質問が自分に重なり、心屋さんの「言ってみるカウンセリング」を疑似体験した気持ちになって、気付いたら涙がポロポロ出ていました。

どうして好きになったの?

それから心屋さんが提供するPodcast「ホントの自分を見つけるラジオ」を聞いて、前者、後者の概念を知り、衝撃をうけたのです。アナウンサーの壱岐さんが代弁してくれる後者の意見、失敗しないようにとか怒られないように常に顔色伺いながら行動している自分がいること、「私できないんです~私ダメなんです~」と声に出して、あまりにもシックリくる自分を見つけることができて、またしても涙ポロポロになったのです( ;∀;)

「文字起こし」してるのはなぜ?

このブログで数件、「ホントの自分を見つけるラジオ」の文字起こしブログを投稿しました。その理由は、心屋流でいうバンジー(絶対できないと思ってることをを、敢えてやってみる)をしたから。その結果、毎日毎日怖くてたまらなくて…そのとき、Podcastの文字起こしをしてると、少しずつだけど心屋さんの言葉が頭に入ってきて、落ち着きを取り戻してきました。まるで、写径ですね。

本を10冊ほど買った

心屋さんの考え方は全てブログに書いてあるとのことですが、私はブログを読むのが苦手なので、本を10冊ほど衝動買いしました。本をいくつか読んでくと、本の内容はほとんど同じ(悩みの根源、解決方法はみんな同じなんだろうな)だってことに気付いて、余った本はタイトルの悩みに合わせて大切な友達にプレゼントしました。お節介ですね。

本のタイトルが素敵

心屋さんの本はタイトルがいいなぁと思う。
年代、立場など様々な角度で悩んでる人に刺さるように、作ってるのかな。タイトル見るだけでも、自分が何に心悩ませてるのか分かる。

例えば

どうやって会いに行ったの?

ライブ&トークショー@岡山を見に行きました。

Podcastを通して、聞けば聞くほど心に沁みる魔法の歌に魅せられました。
あぁこれは直接聴きにいきたいなぁって感じてブログを調べてたら、近場でライブ&トークがあるじゃないの。運命ですね。速攻チケットゲットです。

ライブはどうだった?

終始、涙がポロポロ。

悲しいわけでもない、嬉しいわけでもない涙、これは自分が自分の本音に気付いた時、自分がやっと見つけてくれたって喜んでる涙なんだって、心屋さんが言ってました。だから、もう止めずに泣き続けようって思ったら、結局最後の最後まで涙が止まらなかったです。

また、心屋さんのお喋りも多くて、綾小路きみまろみたいでクスクス笑いました。

ライブに遅刻した

実は当日、道に3回ほど迷って2時間で着けるはずが、3時間30分ぐらいかかってしまったのです。結果、ライブには15分程遅れて、最初の1曲(がんばったね)は、ほとんど聞けませんでした。
でも、今回全部見れなくても、また来ればいいよって考えたら全くイライラせずにライブを楽しめました。素晴らしい。


ひらめきラジオからアイディアをもらってます。

dropope

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする